ふとん炬燵

冬場、1人様家計だとホールがずいぶん寒いだ。
誰かが一年中持ち家におけるような家なら、冬場も冷え下回ることはないのでしょうが、1人様家計だと自分が出かけている間にホールが冷え切ってしまう。ホールに帰ってホール全体をあたためるには時間もかかるし、ホール中間温めるのはムダだし、電気代が悔しいなと感じていました。
眠るまでの拍子、ホールを暖めてもいざお布団に入ると、お布団が寒いし…漸くならない物品なのかとボクは念頭を捻りました。
そして思いついたのです!寝る前だって布団を暖めて、私もそこにいたらいいんじゃないかと。
運(?)なことにベッドではなく敷布団だったので、一旦テレビジョンの前に敷布団を敷き、その上にコタツ台を置いて、コタツ布団の代わりに毛布と掛け布団をかぶせます。そして、ボクがその中に潜りテレビジョンを見るのです。寝る時に、布団の中からコタツ台を抜くと、布団がポッカポカのまま寝付けるんですよ。お世話がいるのは、コタツの板を乗せちゃいけない対応。寝ている時に並べる毛布はどうにも水気を取り入れるので、板で蓋をしてしまうと、水気が籠ってしまう。
自分のあるポジションだけを温かくして、無駄を省く。これが私の1人様家計での節電企画でした。自動車保険の滞納