何もない日常に迫り来るバレンタイン

バレンタインが迫ってきた。世間の人々はクリスマス同様妙に浮き足立っていて、バレンタインを楽しみにしているようである。祝日でもないただの平日なのに、何でこんなにも盛り上がるのだろうか。

いや、私だって学生時代はバレンタインを楽しんでいた。小中は好きな男子にチョコを渡したし、高校の時などはお菓子づくりが得意な男子が私のためにフォンダンショコラを焼いてくれた。しかも学校の家庭科室のオーブンで。許可取ったのだろうか。

とにかく、昔はいいこともあったけれども、今の生活はバレンタインとは縁遠い。あげる相手ももらえる人もいない悲しみ、虚しさ。一刻も早くバレンタインが過ぎ去り、次のイベントであるひな祭りに心奪われてほしいと思う。